キャッシュパスポートのメリット-海外で大活躍

キャッシュパスポートは海外で使えるプリペイドカードです。海外ではお金が命の次くらいに大事で、お金が無くなると本当にどうしようもなくなるので、決済手段は複数持っておくことが常識です。昔は、現金、クレジットカードにトラベラーズチェックが三種の神器だったのですが、今はトラベラーズチェックに代わって、キャッシュパスポートのようなプリペイドカードがメインとなっています。 キャッシュパスポートの利点は、やはり、セキュリティの面で安心できるという点でしょう。基本的にプリペイドカードなので入金した分の金額しか使えませんので。万が一盗まれたとしても被害が拡大する恐れが無いというのは大きいです。それに、現地通貨も引き出せたりするので、かなり使い道があるのは間違いないのではないかと。このようなプリペイドカードサービスはいろいろあるのですが、キャッシュパスポートの場合、目立った特徴はスペアカードが発行されることです。海外でカードを紛失してしまってもスペアカードを持っていれば、問題なく使うことができるので、そういった意味では非常に便利ではないかと思います。海外に行く予定があるなら持っておいて損は無いかと思います。

キャッシュパスポートを持つべき人

キャッシュパスポートは、海外での決済手段の一つとして持っておくと重宝すると思います。ただ、不便な部分もあるのでその点はおさえておくと良いのではないでしょうか。いわゆる、デメリットというやつです。キャッシュパスポートはまず、特定の条件で会費が発生するのでその点が面倒と言えるかもしれません。あと、当然ながら、国内で使うことはできませんので。この二点はキャッシュパスポートのデメリットと考えていいのではないでしょうか。 キャッシュパスポートは頻繁にお金を振り込んだりとか、大きな金額を入れて使うというのには向きません。なので、留学とかで長期にわたって海外にいる場合には、あまり推す目できないと言えます。もっとも、万が一の決済手段として保険代わりに持っておくのは非常に有効ですが。 逆に、海外旅行や短期出張などで海外に行く人であれば、それほどたくさん入金するわけでもないでしょうし、くり返し入金するということでもないでしょうから、キャッシュパスポートの利点を活かしやすいと思います。短期間海外に行く人が決済手段の一つとして持っていくのは非常におススメです。申し込みから発効までも非常に速いですので、気になったら発行しておいて損は無いと思います。まったく入金しなければお金もかからないですし。

キャッシュパスポートはどう使うべきか

キャッシュパスポートはメインの決済手段にするというよりは、ホテルなどに置いておいて、万が一の決済手段として残しておくほうが良いかもしれません。短期で海外に行くのであれば、キャッシュパスポートメインでも良いかもしれませんけれども。どのみち、プリペイドカードなので、入金した分は使ってしまう必要がありますから、そう考えると、どのタイミングで使うのか、そのあたりは、ある程度計画を立てておくと良い顔と思います。海外に行くと旅行者というのは非常に狙われやすいです。何かあったときに、身動きが取れなくなってしまわないように、決済手段は分割しておくのがセオリーなのですが、そのうちの選択肢の一つとして、キャッシュパスポートは非常におススメすることができますよ。